FXの特徴は外貨預金との違いでもある

外国為替証拠金取引ことFXは、その名の通り、外国為替市場を元にした投資となります。

株式などと異なり、お金のみの取引であり、差金決済の一つです。


金融派生商品の一種でもあり、CFDの一つでもあります。
そんなFXの特徴を理解するのであれば、外貨預金が適切でしょう。

外国為替を利用した投資であることに共通点があるからです。

しかし、最大の違いは、FXが円高でも円安でも利益を得られるチャンスがあるのに対し、外貨預金では円安でしか、利益を得られません。

また、手数料を鑑みれば、外貨預金の方が高くなります。どちらも、外国為替の売買に伴うスプレッドがありますが、外貨預金の場合、スプレッドとともに取扱手数料が発生します。


中には、数千円掛かるところもあり、預金額や市場変動などを鑑みれば、状況によっては、原本を損なってしまうこともあります。
ただし、外貨預金の場合、あくまで預金となっています。



したがって、FXのような担保としての証拠金を納める必要もなく、当然、追証やロスカットなどもありません。


市場動向が好転することを待つことができます。

しかし、外貨預金は、支払猶予の対象外です。



円建ての銀行預金のように、金融機関が倒産しても1千万円まで保護されることはありません、一方、FXでは、一時期と異なり、信託保全制度が実施されています。

業者が倒産しても、証拠金などが守られるため、返還されるようになっています。

けれども、どちらも、リスクを伴った外国為替投資となっています。その点を十分弁えることが重要でしょう。

47NEWSは支持されています。